Padograph Icon

SCAI THE BATHHOUSE

MAP
SHARE
Twitter share button
Facebook share button
Image 2766
会場
SCAI THE BATHHOUSEすかい ざ ばすはうす (スカイザバスハウス)
住所
110-0001
東京都台東区谷中6-1-23 柏湯跡
アクセス日暮里駅(JR山手線, 常磐線, 京浜東北線, 京成本線)南口 徒歩11分
根津駅(東京メトロ千代田線)1番口 徒歩11分
時間12:00-18:00
休業日日曜日、月曜日、祝日
※展示替えの間は休廊
SNS
    ウェブサイト
    スカイザバスハウスは、現代アートに特化したギャラリースペースとして、都内でも古い街並みを残す台東区谷中に創設されました。美術館や芸大が密集する上野からほど近く、200年の歴史を持つ由緒ある銭湯「柏湯」を改装したギャラリー空間は、一歩中に入るとモルタルの床に白い壁面のニュートラルなホワイトキューブが広がり、高い天井からやわらかな自然光が差し込みます。

    1993年の創設以来、スカイザバスハウスでは数々の展覧会や、コミッションプロジェクトを実現してきました。「もの派」の筆頭として日本の現代アート創世記を導いた李禹煥、強い物語性をもつ大型彫刻で国際的な注目を集める遠藤利克や森万里子など、第一線で活躍する多くのアーティストの評価を固めると同時に、名和晃平や和田礼治郎などの次世代作家を世界に向けて発信しています。その一方で、アニッシュ・カプーアや、ダレン・アーモンド、アピチャッポン・ウィーラセタクン、何翔宇など、海外の優れた作家を積極的に招き入れ、日本の文化を読み込んだ新しい作品制作のサポートを行っています。また、六本木ヒルズの宮島達男やルイーズ・ブルジョワによるパブリックアートなど、時代とともに進化するアートの最前線を公共空間において展開し、街の景観を変えていくことで、現代アートの新たな支持層を生み出してきました。

    スカイザバスハウスは、国内外における現代アートの潮流を繋ぐ結び目として機能し、アートシーンにおいて主導的な役割を果たすことを常に心がけています。これまでも、現在活躍する多くのアーティストや美術関係者を輩出してきました。こうした理念のもと、近年も、若手作家の実験スペース「駒込倉庫」や、作品保存の現場を展示空間へ拡張した「SCAI PARK」の開設など、新たなビジョンを実現しています。

    このスペースのイベント

    アピチャッポン・ウィーラセタクン「Solarium」

    これで全部です。