Padograph Icon

森美術館開館20周年記念展 私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために

森美術館

2023/10/18(水) - 2024/03/31(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 1775
産業革命以降、特に20世紀後半に人類が地球に与えた影響は、それ以前の数万年単位の地質学的変化に匹敵すると言われています。環境危機は喫緊の課題であり、国際的なアートシーンにおいても重要なテーマとして多くの展覧会が開催されています。

本展では、国際的なアーティストによる歴史的な作品から本展のための新作まで多様な表現を、4つの章で紹介します。第1章「全ては繋がっている」では、環境や生態系と人間の政治経済活動が複雑に絡み合う現実に言及します。第2章「土に還る」では、1950~80年代の高度経済成長の裏で、環境汚染が問題となった日本で制作・発表されたアートを再検証し、環境問題を日本という立ち位置から見つめ直します。第3章「大いなる加速」では、人類による過度な地球資源の開発の影響を明らかにすると同時に、ある種の「希望」も提示する作品を紹介します。第4章「未来は私たちの中にある」では、アクティビズム、先住民の叡智、フェミニズム、AIや集合知(CI)などさまざまな表現にみられる、最先端のテクノロジーと古来の技術の双方の考察をとおして、未来の可能性を描きます。

本展のタイトル「私たちのエコロジー:地球という惑星を生きるために」は、私たちとは誰か、地球環境は誰のものなのか、という問いかけです。人間中心主義的な視点のみならず、地球という惑星を大局的な視点から見渡せば、地球上にはいくつもの多様な生態系が存在することにあらためて気付くでしょう。本展では、環境問題をはじめとする様々な課題について多様な視点で考えることを提案します。また輸送を最小限にし、可能な限り資源を再生利用するなどサステナブルな展覧会制作を通じて、現代アートやアーティストたちがどのように環境危機に関わり、また関わり得るのかについて思考を促し、美術館を対話が生まれる場とします。

出典

作家・出演者モニラ・アルカディリ, ニナ・カネル, ジュリアン・シャリエール, イアン・チェン, アリ・シェリ, アグネス・ディーンズ, ジェフ・ゲイス, ハンス・ハーケ, シェロワナウィ・ハキヒウィ, ピエール・ユイグ, 鯉江良二, ヨッヘン・ランパート, 松澤宥, アナ・メンディエータ, 中西夏之, ケイト・ニュービー, 西條茜, エミリヤ・シュカルヌリーテ, 谷口雅邦, ダニエル・ターナー, アピチャッポン・ウィーラセタクン, 保良雄ほか
会場森美術館もり びじゅつかん (Mori Art Museum)
住所
106-0032
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
アクセス
六本木駅(東京メトロ日比谷線)1C出口 徒歩3分
六本木駅(都営地下鉄大江戸線)3出口 徒歩6分
麻布十番駅(都営地下鉄大江戸線)7出口 徒歩9分
乃木坂駅(東京メトロ千代田線)5出口 徒歩10分
麻布十番駅(東京メトロ南北線)4出口 徒歩12分
会期2023/10/18(水) - 2024/03/31(日)
時間月, 水-日 10:00-22:00
火 10:00-17:00
※ただし2024.1.2(火)、3.19(火)は22:00まで
※最終入館は閉館の30分前まで
観覧料[平日]
一般 2,000円(1,800円)
学生(高校・大学生)1,400円(1,300円)
子供(4歳~中学生)800円(700円)
シニア(65歳以上)1,700円(1,500円)

[土・日・休日]
一般 2,200円(2,000円)
学生(高校・大学生)1,500円(1,400円)
子供(4歳~中学生)900円(800円)
シニア(65歳以上)1,900円(1,700円)

オンラインチケット
https://visit.mam-tcv-macg-hills.com/

※本展は、事前予約制(日時指定券)を導入しています。専用オンラインサイトから「日時指定券」をご購入ください。
※当日、日時指定枠に空きがある場合は、事前予約なしでご入館いただけます。
※専用オンラインサイトでチケットを購入すると( )の料金が適用されます。
SNS
    ウェブサイト