Padograph Icon

フィリップ・パレーノ:この場所、あの空 Philippe Parreno: Places and Spaces

ポーラ美術館

2024/06/08(土) - 12/01(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
《私の部屋は金魚鉢》2018年 展示風景:グロピウス・バウ、ベルリン、2018年 My Room Is Another Fish Bowl, 2018 Exhibition view: Gropius Bau, Berlin, 2018 Courtesy of the artist; Pilar Corrias, London; Gladstone Gallery, New York and Brussels; Esther Schipper, Berlin/Paris/Seoul Photo © Andrea Rossetti
《私の部屋は金魚鉢》2018年 展示風景:グロピウス・バウ、ベルリン、2018年 My Room Is Another Fish Bowl, 2018 Exhibition view: Gropius Bau, Berlin, 2018 Courtesy of the artist; Pilar Corrias, London; Gladstone Gallery, New York and Brussels; Esther Schipper, Berlin/Paris/Seoul Photo © Andrea Rossetti
現代のフランス美術を代表するフィリップ・パレーノは、今日最も注目されるアーティストの一人です。映像、音、彫刻、オブジェ、テキストやドローイングなど作品は多岐にわたりますが、その意識は常に、現実/フィクション/仮想の境界へと向けられています。また、芸術や「作者性」の概念にも疑問を投げかけ、数多くのアーティスト、建築家、音楽家と共同で作品を生みだしてきました。

パレーノはAIをはじめとする先進的な科学技術を作品に採り入れながらも、ピアノやランプ、ブラインドやバルーンといった見慣れたオブジェを操り、ダイナミズムと沈黙、ユーモアと批評性が交錯する詩的な状況を生みだします。展覧会そのものをメディアとして捉えるパレーノが構築する空間は、まるでシンボルの迷宮のようです。何者かの気配、声、光、暗闇、隠されたメッセージ――ドラマティックな構成に導かれ、大規模な舞台装置のような会場に足を踏み入れる私たちは、まるで演者のように、新鮮な驚きとともに混乱をともなう体験の中へと身を投じることになるでしょう。

国内最大規模の個展となるポーラ美術館での展覧会では、作家の代表作である映像作品《マリリン》(2012年)をはじめ、1990年代の初期作品から初公開のインスタレーションまで、作家の幅広い実践を多面的にご紹介いたします。

出典

作家・出演者フィリップ・パレーノ
会場ポーラ美術館ぽーら びじゅつかん (Pola Museum of Art, POLA美术馆, POLA美術館)
住所
250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
アクセス
強羅駅(箱根登山鉄道)より施設めぐりバス「湿生花園前」行き 「ポーラ美術館」下車
箱根湯本駅(箱根登山鉄道)より箱根登山バス「ポーラ美術館」行き(直通)
小田原駅(JR, 小田急)より箱根登山バス「ポーラ美術館」行き(直通)
会期2024/06/08(土) - 12/01(日)
時間9:00-17:00
※入館は16:30まで
休み展覧会の会期中は無休。※悪天候による臨時休館あり
観覧料大人 2,200円
高校生・大学生 1,700円
中学生以下 無料

※障害者手帳をお持ちの方
大人/高校生・大学生とも 1,100円
中学生以下 無料
介助者1名まで 1,100円
SNS
    ウェブサイト

    近くのイベント

    Loading...