Padograph Icon

井手菜穂 個展「歳月」

s+arts

2024/03/15(金) - 30(土)

MAP
SHARE
Facebook share button
“ 深々、けれども感じる気配 “  canvas 100×100cm 2024
“ 深々、けれども感じる気配 “ canvas 100×100cm 2024
s+arts (スプラスアーツ)より、井手菜穂 個展「歳月」の開催をお知らせいたします。

油絵具、オイルパステルにカルサイトやシェル等の素材を使い、独自のマチエールを構築しながら風景画を描く井手菜穂。一見抽象画 にも見える彼女の作品は、今までに出会った自然の記憶や小説などから思い描く風景です。近年では、風景の一部として視点をクロー ズアップし、表情や触感がより感じられるような表現にも挑戦しています。“見える風景を忠実に描くことをしない「風景画」を表現し ている”と作家自身が言うように、それらは井手の中にある記憶や想像、希望が入り混じり、鮮やかな色彩に花や木々のある風景へと形成されています。素直に浮かんだイメージに寄り添うことで、エネルギーが感じられるような作品を目指します。

嫌なことを流し、物事を整えてくれる役割もある“雨”をモチーフとする作品を近年多く描くようになった井手は、平穏な生活を過ごせることが自身にとっての「風景画」だと話します。決して平穏だとは言えない社会の中で、平常心で過ごしていきたいという想いは年々深くなっており、それが“雨の風景”を多く描く事に繋がったと自身の作品について考えます。力強くも繊細な雨の気配を含みながら、井手自身の感性、心理などを反映させるように描かれた様々な花や風景を同じ空間で展示することで、そこから垣間見える社会の深層を探っています。

「戦争や災害、或いは身動きのとれない不自由な社会、そんな中で作品は作れません。 その存在さえ無意味になるかもしれません。
絵描き(芸術)の存在は平和を証明するものであるとも考えます。 この世の誰にとっても必要不可欠な“モノ”を生み出しているわけではないですが、それでも必要なモノだと思いたい。 人々の生活に小さな幸せの感情を生み出すモノとして存在出来たらと思います。

考え続けたこともあり、いずれ“人”を描けたらと思い始めています。 その気配を今回のどれかの絵にほんの少しだけ入れることが出来たら、と。

描くとき、空間的・時間的な広がりやエネルギーの大きさを表現できないか? また、反対にその中のある部分的なものも想像して描くことができないか?みて、受け止めて、考えて、或いは閃いて、それがどんな絵になるのか、楽しみながら作品と会話しています。」--- 井手菜穂

直接“見る”ことも大切ですが、井手の作品は、彼女自身の中にある記憶や想像、希望が入り混じってる、又は読んできた小説の中での風景が色や形となり、絵として成り立っています。その絵を通して、今は小さくてもいずれ大きなエネルギーの源になれる仕事をしていきたいと願い、井手は制作を続けています。本展では、近年あえて使用していなかったマチエール素材を復活させた作品と、柔らかい感触や発色を大事にし、油絵具のみで構成された作品のどちらも発表いたします。風景や小説から感じたこと、願い、祈りを描きたい という想いがより強く感じられるようにも見受けられる今回、そこにある作品を感じたままに想像して頂きたいです。 これを機に井手菜穂の新作群を是非ご高覧ください。

出典

作家・出演者井手菜穂
会場s+artsすぷらすあーつ (スプラスアーツ)
住所
106-0032
東京都港区六本木7-6-5 六本木栄ビル 3F
アクセス六本木駅(東京メトロ日比谷線)2番口 徒歩8分
六本木駅(都営大江戸線)7番口 徒歩9分
乃木坂駅(東京メトロ千代田線, 小田急小田原線)6番口 徒歩9分
会期2024/03/15(金) - 30(土)
時間12:00-19:00(最終日17:00まで)
休み月曜日、火曜日
SNS
    ウェブサイト