Padograph Icon

ルイーズ・ブルジョワ展:地獄から帰ってきたところ 言っとくけど、素晴らしかったわ

森美術館

2024/09/25(水) - 2025/01/19(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
ルイーズ・ブルジョワ 《ママン》 1999/2002年 ブロンズ、ステンレス、大理石 9.27× 8.91 ×10.23 m 所蔵:森ビル株式会社(東京)
ルイーズ・ブルジョワ 《ママン》 1999/2002年 ブロンズ、ステンレス、大理石 9.27× 8.91 ×10.23 m 所蔵:森ビル株式会社(東京)
ルイーズ・ブルジョワ(1911年パリ生まれ、2010年ニューヨークにて没)は、20世紀を代表する最も重要なアーティストの一人です。彼女は70年にわたるキャリアの中で、インスタレーション、彫刻、ドローイング、絵画など、さまざまなメディアを用いながら、男性と女性、受動と能動、具象と抽象、意識と無意識といった二項対立に潜む緊張関係を探求しました。そして、対極にあるこれらの概念を比類なき造形力によって作品の中に共存させてきました。

ブルジョワの芸術は、彼女が幼少期に経験した、複雑で、ときにトラウマ的な出来事をインスピレーションの源としています。彼女は記憶や感情を呼び起こすことで普遍的なモチーフへと昇華させ、希望と恐怖、不安と安らぎ、罪悪感と償い、緊張と解放といった相反する感情や心理状態を表現しました。また、セクシュアリティやジェンダー、身体をモチーフにしたパフォーマンスや彫刻は、フェミニズムの文脈でも高く評価されてきました。

様々なアーティストに多大な影響を与えているブルジョワの芸術は、現在も世界の主要美術館で展示され続けています。日本では27年ぶり、また国内最大規模の個展となる本展では、約100点に及ぶ作品群を、3章構成で紹介し、その活動の全貌に迫ります。

本展の副題「地獄から帰ってきたところ 言っとくけど、素晴らしかったわ」はハンカチに刺繍で言葉を綴った晩年の作品からの引用です。この言葉は、ブルジョワの感情のゆらぎや両義性を暗示しつつ、ブラックユーモアのセンスをも感じさせます。自らを逆境を生き抜いた「サバイバー」だと考えていたルイーズ・ブルジョワ。生きることへの強い意志を表現するその作品群は、戦争や自然災害、病気など、人類が直面する、ときに「地獄」のような苦しみを克服するヒントを与えてくれることでしょう。

出典

作家・出演者ルイーズ・ブルジョワ
会場森美術館もり びじゅつかん (Mori Art Museum)
住所
106-0032
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
アクセス
六本木駅(東京メトロ日比谷線)1C出口 徒歩3分
六本木駅(都営地下鉄大江戸線)3出口 徒歩6分
麻布十番駅(都営地下鉄大江戸線)7出口 徒歩9分
乃木坂駅(東京メトロ千代田線)5出口 徒歩10分
麻布十番駅(東京メトロ南北線)4出口 徒歩12分
会期2024/09/25(水) - 2025/01/19(日)
時間10:00-22:00
※火曜日のみ17:00まで
※ただし2024.12.24(火)、12.31(火)は22:00まで
※最終入館は閉館時間の30分前まで
観覧料[平日]
一般 2,000円(1,800円)
学生(高校・大学生)1,400円(1,300円)
子供(中学生以下)無料
シニア(65歳以上)1,700円(1,500円)

[土・日・休日]
一般 2,200円(2,000円)
学生(高校・大学生)1,500円(1,400円)
子供(中学生以下)無料
シニア(65歳以上)1,900円(1,700円)

オンラインチケット
https://visit.mam-tcv-macg-hills.com/

※本展は、事前予約制(日時指定券)を導入しています。専用オンラインサイトから「日時指定券」をご購入ください。
※当日、日時指定枠に空きがある場合は、事前予約なしでご入館いただけます。
※専用オンラインサイトでチケットを購入すると( )の料金が適用されます。
SNS
    ウェブサイト

    近くのイベント

    Loading...