Padograph Icon

特別展 国宝・燕子花図屏風 デザインの日本美術

根津美術館

2024/04/13(土) - 05/12(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 2465
※展示室内は撮影禁止です。

尾形光琳(1658~1716)の筆になる国宝「燕子花図屏風」は、絵とデザインの境界線上に位置する作品です。群青を分厚く塗った花や、緑青を勢いよく刷いた葉など、画家の絵筆の介在は明らかですが、平面上の幾何学的なレイアウトが作品の核心であるのも間違いありません。
「燕子花図屏風」の示すデザイン性、あるいは装飾性は、日本の美術が古来、内包してきたものです。日本における工芸品の意匠と絵画の親密な関係も特筆されます。一方、「燕子花図屏風」は草花図でありながら和歌や物語とも関わると考えられていますが、それは、デザインによって文学世界を象徴的に表しているとも言えます。
本展では、「燕子花図屏風」を中心にすえ、近世の作品を主にとりあげながら、デザインの観点から日本の美術をみつめます。

出典

作家・出演者藤原公任, 本阿弥光悦, 板谷広長, 智仁親王, 伊年, 尾形光琳, 立林何帠, 柴田是真, 野々村仁清, 尾形乾山, 夫泉宗丈, 梅雲承意
会場根津美術館ねづ びじゅつかん (Nezu Museum, 네즈미술관)
住所
107-0062
東京都港区南青山6-5-1
アクセス
表参道駅(東京メトロ銀座線, 半蔵門線, 千代田線)
A5出口 徒歩8分(階段)
B4出口 徒歩10分(階段とエレベータ)
B3出口 徒歩10分(エレベータまたはエスカレータ)
会期2024/04/13(土) - 05/12(日)
時間10:00-17:00
※ただし、5月8日(水)から5月12日(日)は19:00まで開館
※入館は閉館30分前まで
休み月曜日、5月7日(火)
※ただし、4月29日(月・祝)し5月6日(月・振替休)は開館
観覧料一般 1500円
学生 1200円
中学生以下 無料
※障害者手帳提示者および同伴者は200円引き

オンライン日時指定予約
https://www.e-tix.jp/nezu-muse/
※当日券も販売しております。ただし、ご予約の方を優先してご案内いたしますので、当日券の方は相当のお時間、お待ちいただくことがあります。また、混雑状況によっては当日券を販売しないこともあります。
SNS
    ウェブサイト