Padograph Icon

I LOVE ART 18 パーフェクト・カモフラージュ展 私はアートになりたい

ワタリウム美術館

2024/02/04(日) - 05/06(月)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 2431
私はアートになりたい。

アートとは、完璧なカモフラージュのことかもしれない。

「パーフェクト・カモフラージュ展」では、ワタリウム美術館コレクションよりアンディ・ウォーホルを中心に11人と、ゲストアーティストにさわひらき、野口里佳、杉戸洋を交え、「日常にカモフラージュする」「自然にカモフラージュする」「記憶にカモフラージュする」「空間にカモフラージュする」の4つの章に分け、約80点の作品を展示します。

「僕は機械になりたい。機械になりたいから、こんな絵の描き方をするんだ」 アンディ・ウォーホル
1963年11月「ARTnews」誌より。1960年以降、ウォーホルは、シルクスクリーンを多用した作品を制作。同じ版を利用し、意図的にプリントをずらしたり、インクをはみ出させたりすることで、独自のイメージを生んだ。

「植物を超えるものは植物と一体である」 ロイス・ワインバーガー
1997年「ドクメンタⅩ」 にて制作した作品のタイトル。ワインバーガーは、カッセル中央駅の古い線路の除草剤を取り除き、荒地植物を植え付けて庭に変えた。ドイツの土に根付いていく植物を、当時増加していた移民に例えている。

カモフラージュとは、自身の存在を隠し、周囲に溶け込むこと。
置かれた状況が、私たちを生み出し、そしてまたあらたな状況がつくられる。 歴史とはその繰り返し。
カモフラージュとは、生存本能である。雑踏に、自然に、一日中、世界中で、たくさんのコト、モノ、ココロで溢れそうなとき、自分の身を隠そうと、私たちは日常の中にカモフラージュしていく。

何にカモフラージュするかは、あなた次第。


「物になるということ」西田幾多郎
西田幾多郎 「科学というものはね、僕は物に格(いた)らなければいかんのだと思う。…
この人間というものと離れて、物そのものになれればなれるほどいいということだと思う。…離れるということは、自分の主観と離れるんだ。科学と離れるのじゃない。…」
鈴木大拙 「西洋流の行き方でやりゃ、離れるということは別々にしてしまうということだ。 この物の中へ入るっては言わんわな。
物の中へ入るということは東洋風だろう。」
西田幾多郎 「 そういう考え方はないと思うんだね、西洋には。
物になるっていうこと。」
1941年2月28日 西田幾多郎、鈴木大拙、山本良吉 鼎談レコード より 所蔵:石川県西田幾多郎記念哲学館
* 本展にて「西田幾多郎、鈴木大拙、山本良吉 鼎談レコード」(所蔵:石川県西田幾多郎記念哲学館)より「物になるということ」音声をお聞きいただけます。

出典

作家・出演者アンディ・ウォーホル, マン・レイ, さわひらき, ロイス・ワインバーガー, ゲイリー・ヒル, 野口里佳, クリスチャン・ボルタンスキー, ヨーゼフ・ボイス, 杉戸洋, ドナルド・ジャッド, マックス・ビル, ナムジュン・パイク, リン・ティエンミャオ, キース・ヘリング
会場ワタリウム美術館わたりうむ びじゅつかん (WATARI-UM, The Watari Museum of Contemporary Art)
住所
150-0001
東京都渋谷区神宮前3-7-6
アクセス
外苑前駅(東京メトロ銀座線)3出口 徒歩7分
表参道駅(東京メトロ銀座線, 半蔵門線, 千代田線)A2出口 徒歩9分
明治神宮前〈原宿〉駅(東京メトロ副都心線, 千代田線)5出口 徒歩13分
原宿駅(JR山手線)竹下口 徒歩14分
青山一丁目駅(東京メトロ銀座線, 半蔵門線, 都営大江戸線)1出口 徒歩15分
千駄ヶ谷駅(JR中央線) 徒歩17分
会期2024/02/04(日) - 05/06(月)
時間11:00-19:00
休み月曜日
※ただし、2/12、4/29、5/6は開館
観覧料大人 1,200円
大人ペア 2,000円
学生(25歳以下)・高校生・70歳以上の方・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳お持ちの方、および介助者(1名様まで) 1,000円
小・中学生 500円
SNS
    ウェブサイト