Padograph Icon

ライトアップ木島櫻谷 ― 四季連作大屏風と沁みる『生写し』

泉屋博古館東京

2024/03/16(土) - 05/12(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
木島櫻谷《柳桜図》(左隻) 大正6年(1917)泉屋博古館東京
木島櫻谷《柳桜図》(左隻) 大正6年(1917)泉屋博古館東京
大正中期に大阪天王寺の茶臼山に建築された住友家本邸を飾るために描かれた木島櫻谷の「四季連作屏風」を全点公開。上質な金地にそれぞれ季節の花を趣向を変えて描いた高さ180センチにもなるこの四双の大屏風は、制作途中で新聞に報じられるほど、当時世間の耳目を集めていました。
大正期の櫻谷は、独特な色感の絵具を用いたり、顔料を厚く盛り上げ、筆跡を立体的に残し油彩画のような筆触に挑戦しています。そのために櫻谷は、“技巧派”とか“大正の呉春”とか、“最後の四条派"などと称されましたが、櫻谷の真骨頂は、それに収まらない極めて近代的なもので、古典画題に時代を超越する現代性を与え、リアルな人間的な感情を繰り込んでいます。絵の中の花鳥動物たちは櫻谷の筆を通して息を吹き返し、生き生きと輝きはじめ、とりわけ、動物が折節にみせる豊かな表情が観る者の心に沁みます。江戸時代中期京都で生まれた円山四条派の代表的な画家たちによる花鳥画表現を併せて紹介することで、櫻谷の「生写し」表現の特質をライトアップします。

出典

作家・出演者木島櫻谷, 森一鳳, 円山応挙, 亀岡規禮, 幸野楳嶺, 森徹山, 望月玉泉
会場泉屋博古館東京せんおく はくこかん とうきょう (Sen-Oku Hakukokan Museum Tokyo)
住所
106-0032
東京都港区六本木1-5-1
アクセス
六本木一丁目駅(東京メトロ南北線)泉ガーデン1F出口 徒歩3分
神谷町駅(東京メトロ日比谷線)4b出口 徒歩10分
溜池山王駅(東京メトロ銀座線, 南北線)13番出口 徒歩10分
会期2024/03/16(土) - 05/12(日)
時間11:00-18:00
※金曜日は19:00まで開館
※最終入館は閉館の30分前まで
休み月曜日、4/30、5/7
※ただし、4/29、5/6は開館
観覧料一般 1,000円
高大生 600円
中学生以下 無料
障がい者手帳ご呈示の方 無料
SNS
    ウェブサイト