Padograph Icon

第八次椿会 ツバキカイ 8 このあたらしい世界 “ただ、いま、ここ”

資生堂ギャラリー

2023/10/31(火) - 12/24(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 1862
アーティストが集い、不確かさの中でのあたらしい豊かさを考えてきた、ツバキカイ8。
大きな変化だったような、実は何も変わらなかったような、
そんな3年を経ていきついたのは、「ただ、いま、ここ」という感覚。
この、ある種そっけなくも取れる感覚の奥に、
思いもよらない自由な世界、これからの豊かさへの期待があります。
1年目、2年目と深まってきたアーティスト同士の関係性も含め、
展覧会に昇華する瞬間を目撃してください。


概要
「椿会」は、第二次世界大戦で一時中断していた資生堂ギャラリーの活動を、1947年に再開するにあたり誕生したグループ展です。アートが人々に希望を与え、勇気をもたらすという信念に基づき、戦争や災害、不況などで世の中が閉塞状況にあるときにも再興を願い開催してきました。

2021年にスタートした第八次椿会は、2023年まで3年間をかけて、afterコロナの「あたらしい世界」について考えてきました。メンバーは、杉戸洋、中村竜治、Nerhol (ネルホル)、ミヤギフトシ、宮永愛子、目[mé]。この6組は、ジャンルを超えた活動やコラボレーション、チームでの制作などを行う、今の時代を代表するアーティストたちです。

コロナ禍は、アーティストたちの心境や世の中に向けるまなざしにも変化を与えました。2021年は「触発/Impetus」というテーマの下、資生堂がこれまでの椿会展で蒐集してきた美術収蔵品から、メンバーが「あたらしい世界」を触発される作品を選び、それに応えるかたちで自身の作品を共に展示しました。それは、アーティストや作品といった個を強く意識しながら過去と現在の「椿会」を結びつける展覧会でした。昨年は、「探求/Quest」をテーマに、メンバー同士のアイデアの共有を深め、それぞれの作品や大切にするものを素材として持ち寄り、展覧会自体が1つの作品のようなコレクティブな空間をつくりました。

今年も「あたらしい世界」における「豊かさ」への探求を継続するなかで、新たに「放置」と「無関心」というキーワードが浮かび上がりました。それらには、自ら決断するのではなく自然のままに「放置」することや、「無関心」に関心を向けることで、あたらしい価値が生まれるのではないかという思いが込められています。その背景には、コロナで加速した管理体制へのささやかな抵抗や、一方では、他にゆだねることや、思いもよらぬ事物について知ることが、新たな共生の在り方や自由で豊かな世界をつくっていくことに結び付くのではないかという期待があります。そこでたどり着いたのが“ただ、いま、ここ”を大切にしたいという思いです。最終回となる本展では、3年間で構築したメンバーの関係性や経験をもとに、それぞれが3年間の集大成となる作品を新たに作成し、昇華する展覧会をつくりあげます。

今年は、Nerholとともにメンバーのスタジオを訪問した様子を資生堂ギャラリーのホームページやSNSで公開する予定です。その他、関連企画など、展覧会をより楽しめる情報も随時シェアしていく予定です。椿会が、様ざまな新しい価値を共有し、新たな共創の可能性を探る場となりましたら幸いです。

尚、「第八次椿会 ツバキカイ8」のロゴは、毎年新たに田中義久(グラフィックデザイナー/Nerhol)がデザインしています。

出典

作家・出演者杉戸洋, 中村竜治, Nerhol, ミヤギフトシ, 宮永愛子, 目[mé]
会場資生堂ギャラリーしせいどう ぎゃらりー (Shiseido Gallery)
住所
104-0061
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル B1F
アクセス
銀座駅(東京メトロ銀座線, 日比谷線, 丸ノ内線)A2出口 徒歩4分
新橋駅(東京メトロ銀座線, 都営浅草線)1番出口 徒歩4分
新橋駅(JR)銀座口 徒歩5分
会期2023/10/31(火) - 12/24(日)
時間火-土 11:00-19:00
日・祝 11:00-18:00
休み月曜日
SNS
    ウェブサイト