Padograph Icon

金子富之展「辟邪神」

ミヅマアートギャラリー

2023/11/22(水) - 12/23(土)

MAP
SHARE
Facebook share button
《牛頭天王》2022, 岩絵具、墨、透明水彩、アクリル、ペン、龍神水、箔、雲肌麻紙, 460×480cm ©︎KANEKO Tomiyuki, Courtesy of Mizuma Art Gallery
《牛頭天王》2022, 岩絵具、墨、透明水彩、アクリル、ペン、龍神水、箔、雲肌麻紙, 460×480cm ©︎KANEKO Tomiyuki, Courtesy of Mizuma Art Gallery
ミヅマアートギャラリーでは、11月22日より金子富之展「辟邪神」を開催致します。

金子富之は主に神々や精霊、妖怪など、目に見えない精神的な存在の実体化を山形の限界集落で続けています。2015年には文化庁新進芸術家海外研修制度により、アンコール・ワットで知られるカンボジア、シェムリアップで上座部仏教やヒンドゥー教、精霊信仰などの造形美術に触れ、スケッチを重ねました。本年は5月より常陸国出雲大社(笠間市)で天井画を含めた長期の個展、6月にはアジアの神々をテーマに浜松市秋野不矩美術館で二人展を開催。12月には日本橋高島屋6階美術画廊Xで龍蛇をテーマにした個展を予定するなど活発に制作、発表を続けています。

古来より中国やインドなどで信仰された「辟邪絵(へきじゃえ)」は、疫鬼を退治する善神が描かれたものです。奈良国立博物館所蔵の国宝《辟邪絵》では天刑星、乾闥婆、神虫、鍾馗、毘沙門天が強い力を持つ辟邪神として描かれています。2021年の個展「辟邪の虎」において、金子は毘沙門天の神使である虎を集中的に描き発表しました。

本展では邪を払う神々の威容に焦点を当て、いずれも460×480cmの大作3点《牛頭天王》、《巨蝗神虫》、《武運長久の大虎》を中心に、作家が独自の解釈で描いた様々な辟邪絵を展示いたします。これらの激しく猛々しい作品と対峙し、感応したとき、私たち自身の内にも活性や変容が生じるかもしれません。ぜひこの機会にご高覧頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

★会期中に本展出品の大作3点を含む金子富之初の作品集が青幻舎より刊行されます。
ミヅマアートギャラリーでは展覧会初日より先行販売いたします。
『金子富之画文集―幻成礼賛―』 定価:3,800円(+税) 発売日:2023年12月初旬 発行:青幻舎

出典

作家・出演者金子富之
会場ミヅマアートギャラリーみづま あーと ぎゃらりー (Mizuma Art Gallery)
住所
162-0843
東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル 2F
アクセス市ヶ谷駅(東京メトロ有楽町線, 南北線)5番出口 徒歩5分
飯田橋駅(東京メトロ有楽町線, 南北線, 東西線)B3出口 徒歩7分
飯田橋駅(JR中央線, 総武線)西口 徒歩9分
会期2023/11/22(水) - 12/23(土)
時間12:00-19:00
休み日曜日、月曜日、11/23
SNS
    ウェブサイト