Padograph Icon

gallery αM

MAP
SHARE
Twitter share button
Facebook share button
会場
gallery αMぎゃらりー あるふぁえむ (ギャラリー アルファエム)
住所
162-0843
東京都新宿区市谷田町1-4 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス 2F
アクセス
市ヶ谷駅(JR中央線, 総武線) 徒歩3分
市ヶ谷駅(東京メトロ有楽町線, 南北線, 都営新宿線)4番出口 徒歩3分
SNS
    ウェブサイト
    αMのαは「未知数」をあらわし、Mは武蔵野美術大学の頭文字をとって名付けられました。 1988年に吉祥寺に開設された「ギャラリーαM」は、現代美術に主眼を置き、新人発掘とその発表の場として企画展を開催してきましたが、2002年3月に惜しまれつつも閉廊しました。美術に対する社会的受け皿が十分ではなかった状況下で、その名前が示すとおり一歩先へ視線を広げたラディカルな活動を行っており、当時の記録や展示作家の活躍の様子から、日本の現代美術を少なからず支えてきたことがうかがえます。

    2002年からは、本学芸術文化学科の学生が主体となって運営する「αMプロジェクト」として、特定のスペースを持たずに展覧会活動を行い、2009年に馬喰町に開設した「gallery αM」でも、誕生当時の活動主旨を引き継ぎ、展覧会活動を継続して行っております。このような形で活動してきたことは、商業活動を優先して行われる他の美術活動と異なり、美術の制度そのものを基盤から支えるような社会的意義の高いものではないかと考えています。
    近現代における美術史的評価の組み替えなど、大きく揺れ動いている世界のアートシーンや、多くの価値観が同時に存在し、大きなうねりの中で多様性を維持できているヨーロッパの状況に比べると、日本においては様々な局面での人材とそれらを有機的につなぐ場が不足していると言わざるをえません。また経済状況に影響されがちなアートシーンにおいて、大学が非営利で運営するギャラリーは、一定の質を保った人材と場を生みだし、日本美術独自の役割とその位置づけの形成を担っていると言えるでしょう。
    gallery αMは、これまでの活動の趣旨を継続させながら、ジャンルを問わず質の高い表現と可能性を有するアーティストに作品発表の機会を提供すること、社会に斬新な価値を発信できるキュレーターに展示企画の場を提供すること、の2点をコンセプトとして、新しい空間による新しい歴史を築いていきたいと考えています。
    ギャラリー運営は本学教員により構成される運営委員会があたりますが、キュレーションについては、運営委員会が選定するゲスト・キュレーターに、1~2年の任期で年間5~7回程度の展示企画をお願いする予定です。アートシーンの活性化につながる社会的インパクトを持った活動を行い、批評を生成する場となることを目指していきます。
    Amazon広告
    amazon広告 ドナルド・ダックを読む
    ドナルド・ダックを読む
    アリエル・ドルフマン, アルマン・マトゥラール
    ¥1196
    (2023/04/02時点)
    amazon広告 デザインのひきだし40
    デザインのひきだし40
    グラフィック社編集部
    ¥845
    (2023/06/03時点)
    amazon広告 南極探検とペンギン
    南極探検とペンギン
    ロイド・スペンサー・デイヴィス, 夏目大
    ¥3080
    (2023/05/16時点)
    amazon広告 モグラ―見えないものへの探求心 (フィールドの生物学)
    モグラ―見えないものへの探求心 (フィールドの生物学)
    川田 伸一郎
    ¥2200
    (2023/05/16時点)

    このスペースのイベント

    開発の再開発 vol.3 Sabbatical Company|Sabbatical Companyの宣言エクササイズ Redevelopment of Development vol. 3 Sabbatical Company: Manifestos Exercise for Sabbatical Company(※『宣言』と『Manifestos』に打ち消し線)

    これで全部です。