Padograph Icon

eitoeiko

MAP
SHARE
Twitter share button
Facebook share button
Image 770
Image 770
Image 770
会場
eitoeikoえいとえいこ
住所
162-0805
東京都新宿区矢来町32-2
アクセス
神楽坂駅(東京メトロ東西線) 徒歩5分
牛込神楽坂駅(都営地下鉄大江戸線) 徒歩10分
江戸川橋駅(東京メトロ有楽町線) 徒歩12分
時間12:00-19:00
休業日日曜日、月曜日
SNS
    ウェブサイト
    eitoeikoは2009年4月に101TOKYOコンテンポラリーアートフェアでデビューした現代美術の企画画廊です。
    ファインアートとしての現代美術と、アートとそうでないものの境界線をいく珍奇作品だけを取り扱います。
    そして日本の作家を海外に向けて発信し、海外の作家を日本に紹介していきます。

    eitoeikoのギャラリーは東京は神楽坂、矢来町の閑静な住宅街にあります。東京メトロ神楽坂駅矢来口から徒歩5分。
    小浜藩下屋敷のあったその場所は、屋敷の周囲に竹矢来を巡らせていたことから、矢来町の名前になりました。
    クラフトサイエンスの安井正が設計し、中島工務店の施工による木造3階建住宅の1階リビングを開放したギャラリーは、光にあふれています。
    2010年春には路地を挟んだ隣にカフェもオープンし、文化人の集う町、矢来町から新しい芸術を発信していきます。

    eitoeikoディレクター
    癸生川 栄

    eitoeiko debuted at 101TOKYO contemporary art fair in April, 2009.
    eitoeiko handles only the two extremes of contemporary 'Fine' art and novel pieces that tread the boundary between art and non-art.
    eitoeiko will introduce Japanese artists to a foreign audience as well as bring artists from abroad to a Japanese audience.

    After 5 minutes walk from Yaraiguchi-exit, Kagurazaka station, Tokyo Metro Tozai line, eitoeiko stands by Yarai park. eitoeiko is in a calm residential district.
    Designed by Tadashi Yasui and built by Nakashima-komuten, you can see two beautiful wooden houses which have two floors. On the left from road, the ground floor is eitoeiko.
    And on the right, a cute cafeteria will open in spring, 2010.
    Once there was a daimyo's alternating Edo residence, Sakai Wakasa, in 17th century. The residence had a bamboo wall, so it called Yarai(bamboo-wall)cho(town).

    eitoeiko director
    Ei Kibukawa

    このスペースのイベント

    岡本光博「ラブ&ピース」

    これで全部です。