Padograph Icon

山本篤・映像小屋 / ShugoArts Show

ShugoArts

2023/07/29(土) - 09/09(土)

MAP
SHARE
Facebook share button
山本篤《泳ぐ人》2023, UHD, 4min. 05sec. Copyright the artist, Courtesy of ShugoArts
山本篤《泳ぐ人》2023, UHD, 4min. 05sec. Copyright the artist, Courtesy of ShugoArts
自分が映像というメディアに惹かれるのは、自分の人生を一つの表現として、記録としてそこに転写できると考えているからだと思います。
そして、映像=光であり、その光の有無=存在の有無につながっているところも好きです。
フィジカルな物体ではなく、現象としての存在であること。なので、結局、自分は映像作品の制作を通して「存在論」の周辺を動き続けているとも言えます。
こんな自分の映像は恒常的な空間ではなく、仮設的な「小屋」で上映されるのがふさわしいのかもしれません。

2023年5月 山本篤


山本篤の作品には虚飾がない。
山本はよく「自分は反応体」だという。環境によって引き起こされる自分の反応、つまり、ある現象として存在する自分自身の思考や感情を、物質的な世界に存在させるためのメディウムとして映像を選んだ。そのため一見ナンセンスに見える山本の作品は、全て本人を通じて感じ取られたあらゆるリアリティの断片なのである。

山本は平日、非営利団体に勤めて社会のために仕事をする。帰宅して奥さんや子供達、両親と時間を過ごす。そして週末は一人で、またはアーティストの仲間達と、ときに家族も巻き込んで制作を行う。作り溜めた作品数は291本になった。撮影している時間は「自分の人生が定着する」最高の瞬間なのだという。撮影中は思い通りにならないことも多い。うっかり知らない間に撮れてしまったものもある。それでも映像に映ったものを全て自分ごととして引き受けて作品にしている。日常もアートも人生も山本篤に境界線はない。だからこそ山本作品は地に足がついた芸術で、滑稽も悲哀も含めてとても美しい。

「映像小屋」はそんな山本の作品を年に一度、大画面で思いっきり見るための企画である。今回はギャラリーの前室を暗室にし、7本の作品を上映する。またギャラリーの後室は千葉正也のドローイング、小林正人らの作品を展示する予定である。夏の一服にぜひシュウゴアーツへお立ち寄りください。

2023年6月シュウゴアーツ

出典

Amazon広告
amazon広告 ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開
ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開
松井みどり、国際交流基金
¥1047
(2023/04/13時点)
amazon広告 奇子(全3巻) 1
奇子(全3巻) 1
手塚治虫
¥297
(2023/04/02時点)
amazon広告 月世界探険 (タンタンの冒険 全24巻) 17
月世界探険 (タンタンの冒険 全24巻) 17
エルジェ, 川口恵子
¥1760
(2023/04/02時点)
amazon広告 エコゾフィック・アート 自然・精神・社会をつなぐアート論
エコゾフィック・アート 自然・精神・社会をつなぐアート論
四方幸子
¥3300
(2023/04/13時点)
作家・出演者山本篤, 千葉正也, 小林正人
会場ShugoArtsしゅうご あーつ (シュウゴアーツ)
住所
106-0032
東京都港区六本木6-5-24 complex665 2F
アクセス
六本木駅(東京メトロ日比谷線, 都営地下鉄大江戸線)3出口 徒歩3分
会期2023/07/29(土) - 09/09(土)
時間11:00–18:00
休み日・月
※8/11は休廊
※夏季休廊:8月13 (日) ‒ 8月21日(月)
SNS
    ウェブサイト