Padograph Icon

双頭のデジャヴ

新宿眼科画廊

2023/08/04(金) - 09(水)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 1302
佐川梢恵、万 糸吉による二人展。

「少」/「成」
未熟だった頃/成熟する事。

今日より遠い場所を見つめる、それは何年も前のことか、何年も先のことか。
私たちの記憶にあるデジャヴ、既視感は点々と存在し、日々の中へキーワードのように散りばめられ想起させる。それは背後に続く足跡か、成熟した転がる果実か。
月の満ち欠けの様に、背合わせの対となる時間を見つめる。


mayu / 万 糸吉

〔プロフィール〕
“存在をなぞる”という言葉をテーマに少女を描く。シルクスクリーンなど版画を中心に制作している。

1997 神奈川県に生まれる。
2022 武蔵野美術大学大学院修士課程造形研究科美術専攻版画コース修了
2023 武蔵野美術大学版画/グラフィックアーツ研究室教務補助員

〔個展〕
2019 「∅の群像」(新宿眼科画廊 / 東京)
2021 「囲」(新宿眼科画廊 / 東京)
2023 「心層堆圏」(aL base / 東京)

〔グループ展〕
2021 「お泊まり会」(目黒rusu / 東京)
2021 「第46回全国大学版画展」(上田市立美術館 / 長野県)
2022 「武蔵野美術大学卒業・修了制作展」(東京)
2022 「東京五美術大学卒業修了制作展」(国立新美術館 / 東京)
2022 「GEISAI#21」(東京ビッグサイト / 東京)
2023 「starT展」(aL base / 東京)
2023 「GEISAI#22」(東京ビッグサイト / 東京)

〔賞歴〕
2019 第40期国際瀧冨士美術賞 優秀賞

〔Twitter〕
@chmyu

〔Instagram〕
@ch15myu


SAGAWA Kozue / 佐川 梢恵

〔プロフィール〕
2020 女子美術大学ヴィジュアルデザイン専攻 卒業

飲食店等でアルバイトをしつつ絵を描く(主に人間、もしくは人間の型をした生き物の絵を描く)。

〔個展〕
2022 佐川梢恵、森野真琴展「明日天国を離れる ― I leave heaven tomorrow」(ガーディアン・ガーデン / 東京)

〔グループ展〕
2021 「1_WALL」展(ガーディアン・ガーデン / 東京)
2022 「ゆきどけ」(新宿眼科画廊 / 東京)
2022 「ゆうだち」(新宿眼科画廊 / 東京)
2023 「はつはる」(新宿眼科画廊 / 東京)

〔賞歴〕
2022 第24回グラフィック「1_WALL」グランプリ

〔Twitter〕
@imonokimoti6

〔Instagram〕
@sagawa_takome

出典

作家・出演者万糸吉, 佐川梢恵
会場新宿眼科画廊しんじゅく がんか がろう (Shinjuku Ophthalmologist(Ganka) Gallery)
住所
160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11
アクセス
東新宿駅(都営大江戸線, 東京メトロ副都心線) 徒歩6分
新宿三丁目駅(東京メトロ丸ノ内線, 副都心線, 都営新宿線) 徒歩7分
新宿駅(JR)東口 徒歩12分
会期2023/08/04(金) - 09(水)
時間12:00-20:00(水曜 12:00-17:00)
SNS
    ウェブサイト