Padograph Icon

坂本夏子「Tiles | Signals ─ unexpected dimensions」

Kanda & Oliveira

2023/07/01(土) - 08/05(土)

MAP
SHARE
Facebook share button
《Tiles | Signals, unexpected rhythms 001》(2022-2023)
《Tiles | Signals, unexpected rhythms 001》(2022-2023)
このたびKanda & Oliveiraでは、坂本夏子の個展「Tiles | Signals ─ unexpected dimensions」を開催いたします。坂本にとって4年ぶりの個展となる本展では、油彩の大作から小品まで、そしてドローイングや立体など、あわせて100点ほどの新作で構成された個展となります。

坂本は、絵画を描くことによって「まだ無い世界」を追い求めてきました。
彼女の制作活動に一貫しているのは、描くことの方法論に対する強い意識です。初期から継続的に描かれてきた「タイル」は、坂本の絵画に欠かせない重要なモティーフです。さらに2019年に発表された作品では「シグナル」という新たなモティーフが登場し、それまでの坂本の絵画やその制作の方法論が大きく変わる契機となりました。従来の坂本の作品に不可欠であった人物像(少女)が姿を消し、彼女の絵画はより抽象化を遂げ、次なる展開を予感させました。
そして今回、坂本は「まだ無い世界」を描くための方法論的な実験をさらに推し進め、多様なものにしています。この個展で発表されるさまざまな大型の絵画では「タイル」と「シグナル」が掛け合わされ、これまでにない驚くべき幅のある作品群の展開が可能となっています。大作の制作の傍らで生まれた、個々に実験性の高い立体や小作品などとともに、まさに「まだ無い世界」が広がる展示となります。つねに挑戦的な制作の実験をやめない坂本の最新作の数々を是非ご覧ください。


「Tiles | Signals ─ unexpected dimensions」にむけて

気がつけば、17年ものあいだキャンバスに油絵具のタイルを並べていますが、わたしにとって絵を描くことは、今も不自然で不自由な行為のままです。自分の心地よさと、絵が自由であることは、まるで関係がありません。でも、絵を描くことでしか、後戻りできないこの現実をわたしは考えられない。だから、生きることは自由をもとめて描くことでもあります。わたしがそうするには、描くためのあたらしい方法がいつも必要です。

そちら(未来)でも、絵を描くことは、まだ無い世界にふれる方法ですか? 最近は、あなたの影をたくさん呼び込める絵画の次元はどういうものだろうと、ずっと考えています。あなたは予期しえず刻一刻とすがたを変えてしまうけれど、過去と今のあいだに因果があるのなら、今は未来の影をいくつも内包しているはずで。それらをなんらかの色やかたちで抽出することは、とらえることができない「今」の位置をはかる手がかりになるのではないかと思えてしまいます。

そして、未来の影としてあらわれるシグナルたちを、どこかに送信してみたくて。

2023年5月
坂本夏子


また、本展に合わせて制作された冊子も7月1日よりギャラリー内にて発売いたします。新藤淳氏とのメールによる往復書簡も収められており、坂本の絵画制作の方法論の深化を理解するために必読といえます。

出典

Amazon広告
amazon広告 もものかんづめ
もものかんづめ
さくら ももこ
¥704
(2023/04/02時点)
amazon広告 船体解剖図
船体解剖図
プニップクルーズ/中村 辰美
¥1870
(2023/06/19時点)
amazon広告 小動物の剥製の作り方
小動物の剥製の作り方
本田晋
¥9800
(2023/04/02時点)
amazon広告 ブックセラーの歴史:知識と発見を伝える出版・書店・流通の2000年
ブックセラーの歴史:知識と発見を伝える出版・書店・流通の2000年
ジャン=イヴ・モリエ, 松永 りえ
¥4620
(2023/07/14時点)
作家・出演者坂本夏子
会場Kanda & Oliveiraかんだ あんど おりゔぇいら
住所
273-0031
千葉県船橋市西船1-1-16-2
アクセス
西船橋駅(東京メトロ東西線, JR総武線, 武蔵野線, 京葉線)北口 徒歩12分
会期2023/07/01(土) - 08/05(土)
時間13:00-19:00
休み日・月
SNS
    ウェブサイト