Padograph パドグラフ 파도그래프

スクワイア家の記憶 -ある英国人技術者の遺品から-

国立歴史民俗博物館

2024/07/23(火) - 10/06(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 3455
明治31年(1898)、イギリス人技術者ジョージ・スクワイア(1868-1930)が日本に招へいされました。日本の近代的製紙業が急速に発展し各地に工場が進出していた時代、ジョージは九州の小倉で操業していた千寿製紙の工場で工場管理一切を任され、小倉と東京の本社間を船で往復しながら、職工の訓練から給与支払いまで細かく目を配り、工場の運営に当たりました。

その後、リディア夫人と二人の幼い娘が合流しました。小倉で暮らしたおよそ3年間、リディア夫人は自宅で娘のマージョリーとドロシーを教育するかたわら、近隣の人たちに英語を教えるなど交流を深めます。

スクワイア夫妻は、小倉の森山國蔵写真館で定期的に姉妹の写真を撮りました。森山家の次男為蔵はリディア夫人から英語を学ぶなど両家は親しく交流し、それはスクワイア家がイギリスに帰国した後も長く続きました。

スクワイア家の日本時代の思い出の品は、1980年前後に姉妹がなくなった後、イギリスのダラム大学に寄贈されました。今回の展示では、20世紀初頭に日本で暮らしたイギリス人技術者一家の遺品を通して、彼らの日本での暮らしを垣間見ます。

なお、この特集展示は当館と調査研究に関する協力の覚書を結んでいるダラム大学との共同主催事業です。

みどころ
森山國蔵写真館で撮られたスクワイア家の人々の写真を通し、森山家との交流をみる
スクワイア夫妻が娘のために日本で購入した、英語で書かれた昔話などの絵本(縮緬本)や楊洲周延の錦絵画帖『真美人』などの豪華な錦絵揃物を展示

主な展示資料
・スクワイア家の写真類
・千寿製紙からジョージ・スクワイアへの感謝状
・森山為蔵からスクワイア家への絵葉書類
・日本のおとぎ話(英訳本)の縮緬本
・子供用着物
・楊洲周延 錦絵画帖『真美人』
・宮川春汀 錦絵画帖『有喜世之華』
など 約 40 点(すべてダラム大学東洋博物館蔵)
ただし、会期中、展示替えを行います。

出典

作家・出演者楊洲周延, 宮川春汀, 林弘之
会場国立歴史民俗博物館こくりつ れきし みんぞく はくぶつかん (National Museum of Japanese History, 국립 역사 민속 박물관, 国立历史民俗博物馆)
住所
285-8502
千葉県佐倉市城内町117
アクセス
京成佐倉駅(京成本線)南口 徒歩15分 またはバス(5分)
佐倉駅(JR総武本線, 成田線)北口よりバス(15分)
会期2024/07/23(火) - 10/06(日)
時間3月-9月 9:30-17:00
10月-2月 9:30-16:30
※入館は閉館30分前まで
休み月曜日、8月6日(火)、9月3日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)、10月1日(火)
※ただし、8月12日(月)、9月16日(月)、9月23日(月)は開館
観覧料一般 600円
大学生 250円
高校生以下 無料
障がい者手帳等保持者と介助者 無料
※高校生及び大学生、障がい者手帳等保持者の方は、学生証、手帳等を提示してください。
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※博物館の半券の提示で、当日に限りくらしの植物苑にご入場(16:00まで)できます。 また、植物苑の半券の提示で、当日に限り博物館の入館料が割引になります。
SNS
    ウェブサイト

    近くのイベント

    Loading...