Padograph パドグラフ 파도그래프

音を観る ―変化観音と観音変化身―

半蔵門ミュージアム

2024/04/24(水) - 09/01(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 3427
『法華経』観世音菩薩普門品では、観音は衆生の「音声を観て」皆に解脱を得させたといいます。「音を観る」ことができる、「観音」とはその神通力を象徴した名をもつ菩薩です。
特集展示“音を観る”では、六観音のうち十一面観音の彫刻と、聖観音、千手観音、准胝観音、如意輪観音の絵画を展示しました。このうち、如意輪観音の画像は2点。ひとつは繊細で優美な表現が特徴で、金泥と切金が用いられた鎌倉時代の優品です。もうひとつは向って左下に訶梨帝母を描いた珍しい作品です。
観音は如来の脇侍として配される場合もあり、その作例も並べました。また、観音がまったく異なった姿に変化する三十三応現身も生み出されました。本展ではそのひとつである梵王身の彫刻を展示いたします。

出典

会場半蔵門ミュージアムはんぞうもん みゅーじあむ
住所
102-0082
東京都千代田区一番町25
アクセス半蔵門駅(東京メトロ半蔵門線)4番出口 左すぐ
麹町駅(東京メトロ有楽町線)3番出口 徒歩5分
市ヶ谷駅(都営新宿線, 東京メトロ有楽町線, JR中央本線, 総武本線)A3口 徒歩13分
四ツ谷駅(JR中央本線)麹町口 徒歩15分
会期2024/04/24(水) - 09/01(日)
時間10:00-17:30
※入館は17:00まで
休み月曜日、火曜日
※月曜日、火曜日が祝日や振替休日にあたる場合も休館
SNS
    ウェブサイト

    近くのイベント

    Loading...