Padograph パドグラフ 파도그래프

酒々井千里個展「むだな抵抗」

CASHI

2024/06/28(金) - 07/27(土)

MAP
SHARE
Facebook share button
《Untitled(Squashed Ball)》 2022 wood, rubber ball サイズ可変
《Untitled(Squashed Ball)》 2022 wood, rubber ball サイズ可変
この度CASHIでは、6月28日(金)から7月27日(土)まで、酒々井千里(すずい・せんり)個展「むだな抵抗」を開催いたします。
酒々井は1998年岐阜県生まれの作家で、東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画研究室に在籍しています。令和3年度の東京藝術大学卒業作品展では、通常なら卒業制作作品となるであろう大作の絵画を、アトリエの壁面を模した白い大きな簡易壁で覆い隠した、インスタレーション《イタダキ》を展示し、「サロン・ド・プランタン賞」を受賞しました。
彼女の作品たちは、常に抵抗を試みていると酒々井は言います。
しかし、その抵抗はデモ活動のような能動的なものではなく、作品が持ってしまった意味や個性を、白壁風のキューブや板で隠したり、押し込めたり、挟み込んだりすることで、まるで人目を避けるかのように表現されています。
彼女と、彼女の作品たちが試みるゆるやかな抵抗を、この機会に是非ご高覧賜りたく、ここにご案内申し上げます。


作家ステートメント

人前に現れるニュートラルを装った物体。それが視界の正面に大きく現れる。何かを遮り、圧しながら。視界の端に、かすかに何かが見えてくる。ただ、まぁ、見えにくい。

遮られたり圧されたりするものはそうなることを望んだのだろうか。望んでいるのだろうか。もし遮る物体がなくなったらどうなるのだろうか。どう見えるのだろうか。どう、見えてしまうのだろうか。

「むだな抵抗」。この言葉はこの展示の初めのミーティングの時にCASHIの松島さんから発せられた。この言葉について考えてみる。

まずは抵抗について。抵抗をイメージするとき、同時に圧もイメージされる。より小さな力がより大きな力に反発するときに「抵抗」が現れる。ではその「抵抗」とは、しているのか、させられているのか。主体はどこにあるのだろうか。

能動的に「抵抗する」。
受動的に「抵抗する」。
能動的に「抵抗しない」。
受動的に「抵抗しない」。

そしてただの「抵抗」ではなく、「むだな」という言葉で修飾される。この意味とは何だろう。このニュアンスとは何だろう。「むだな」という言葉にはどこか否定的な意味合いがある。それからここでは、たぶん、少し、自虐するような意味合いで使われているのだろう。

例えば絵を描くと何かしらの独自性、オリジナリティが生まれる。自分はいつもその独自性に対して多かれ少なかれ不安を感じてしまう。その不安が過度に大きくなると、自分自身の作品を否定したくなるときがある。それゆえニュートラルな(例え、仮でもいいから)物体で絵の表面を隠す。当然のことだが、絵の前面に不透明な物体を配置し、後ろの部分を隠してしまえば、その部分は見えなくなる。表面を隠せば、正面からは見えなくなる。

しかし、そうしてニュートラルの仮面を手に入れた絵は、本来の独自性を薄めることには成功するかもしれないが、同時に別の何かに変容してしまう。仮のニュートラルの仮面が妙に目立ち、不自然な存在感を持ってしまう。

否む。

視線を阻む。圧。

迂回するように見る。なりそこなった光景。

無駄、むだ。むだな、抵抗。

出典

作家・出演者酒々井千里
会場CASHIかし
住所
111-0053
東京都台東区浅草橋5-6-12 1F
アクセス
浅草橋駅(JR)西口 徒歩5分
浅草橋駅(都営浅草線)A2出口 徒歩10分
秋葉原駅(JR)昭和通り口 徒歩10分
秋葉原駅(東京メトロ日比谷線)1番出口 徒歩10分
会期2024/06/28(金) - 07/27(土)
時間11:00-18:00
休み日曜日、月曜日、火曜日
SNS
    ウェブサイト

    近くのイベント

    Loading...