Padograph Icon

小川泰 個展「ランデヴー Rendezvous」

亀戸アートセンター

2023/03/11(土) - 26(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 569
亀戸アートセンターは、小川泰 個展「ランデヴー Rendezvous」を開催いたします。
小川泰はデジタルで描画した画像をもとに、エアブラシによるペインティング、描き溜めた落書き(作家曰くドローイングにも満たないもの)を使ったコラージュなどを用い、複雑で多層なプロセスを経て二次元のキャンバスの中に三次元の空間を構築する作家です。
本展では小川が近年一番気になっている「見せない」というテーマに沿って会場の空間が構成されます。2020年のコロナ禍以降、皆一様にスマホ画面の情報だけを見ていることに気づいた彼は、それらの情報だけでは処理できないものを作り始めます。例えば黒の絵の具1色のみを使いマスキングテープを剥がした後に浮き上がる絵の具の段差(層)のみで形を描いた作品など、スマホの画像からではただの黒い画面にしか見えない、実物を見ないとわからないといったアプローチを試みてきました。
今回はカラフルな照明の使用など、いくつかの「見せない」仕掛けを用意し、そうすることで実際に会場に足を運んでも作品の実態が掴みにくい、一見すると作家のシニカルな心組みが感じられる展示構成になりますが、カラフルな照明を使うもう一つの理由に、場に情緒を入れ込みたいという作家の意図が含まれます。「ランデヴー」という本展のタイトルからも感じ取れるように「見えない」ことで鑑賞者はそこにロマンティックな一端を垣間見、体験できることを期待します。
この機会にぜひご高覧ください。

・作家ステートメント
子どもの頃、退屈な授業の合間に教科書やノートの片隅に描いていた取るに足らない落書き。
それが創作の原点であり根幹でもある。落書きを作品とするために膨大な時間を注ぎ込み、種々様々な手法を計画し実行し失敗を繰り返す。
そんな面倒な事をすることに何の意味があるのでしょう?それはまるで絵画そのもののようです。
2013年、生死を彷徨うバイク事故から再開された制作で私は絵画を作っている。4辺で囲まれた無限の宇宙で繰り返されるジレンマは四角いジャングルそのものだ。
見ることは情報で処理が可能なのか?今回は見せないことで醸し出す気配について考察をした。
仮想空間が益々充実する中、アンティデジタル世代として情報化社会とディスコネクトし海馬に気配を記憶させる事に尽力した。

【プロフィール】
小川泰 Tai Ogawa
1981年 茨城県生まれ
2006年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース修了

hp: http://www.ogawa-tai.com/
facebook: https://www.facebook.com/tai.ogawa.7
instgram: https://www.instagram.com/tai.ogawa/

・個展・二人展
2022 年『 The Monkey thought』 YOD gallery, 大阪
2021 年『 Basic of Revenge』 L+/ Lucie Chang Fine Arts, 香港
2020 年『 Mr. Invisible』 CLEAR GALLERY, 東京
2020 年『 Event Horizon』 Loop Hole, 東京
2019 年『 Super String Theory』 206 Galleria, バーリ, イタリア
2018 年『 Beautiful Dreamers ( 小川泰+ 岡野智史)』 GFAL( 武蔵野美術大学), 東京
2017 年『 DOOM HEADZ ( 小川泰+ マットロック)』 Calm and Punk, 東京
・グループ展
2022年 『WATOWA ART AWARD 2022 EXIHIBITION』 WATOWA GALLERY / THE BOX TOKY, 東京
2022年 『WAVE2022』 3331 Arts Chiyoda, 東京
2022年 『HILLS ZINE MARKET ART & ZINE 2022』 A/D gallery, 東京
2020 年『 A SPACE ODYSSEY』 CLEAR GALLERY, 東京
2019 年『 シブヤスタイルvol.13』 西武渋谷, 東京
2019 年『 ART START UP 100』 代官山ヒルサイドテラス, 東京
2019 年『 コンフティレイヤー シンクロニシティする異文脈』NAND, 大阪
・受賞
WATOWA ART AWARD 2022 準グランプリ
・コレクション
JAPIGOZZI コレクション

出典

作家・出演者小川泰
会場亀戸アートセンターかめいど あーと せんたー (Kameido Art Center)
住所
136-0071
東京都江東区亀戸9-17-8 KKビル 101
アクセス
東大島駅(都営新宿線)大島口 徒歩12分
亀戸水神駅(東武鉄道亀戸線) 徒歩12分
亀戸駅(総武線)東口 徒歩20分
会期2023/03/11(土) - 26(日)
時間平日16:00-22:00
土日13:00-19:00
休み木曜日
SNS
    ウェブサイト