Padograph Icon

板倉鼎・須美子展

千葉市美術館

2024/04/06(土) - 06/16(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 2858
板倉鼎(いたくらかなえ・1901-29)は埼玉県北葛飾郡旭村(現在の吉川市)の生まれ。幼い頃より松戸市に過ごし、県立千葉中学校で堀江正章に学びました。1919年(大正8)東京美術学校西洋画科に進み、在学中に早くも帝展への入選を果たします。1925年(大正14)、ロシア文学者昇曙夢の長女須美子(すみこ・1908-34)と与謝野鉄幹・晶子夫妻の媒酌により結婚。翌年須美子とともにハワイ経由でパリに留学しました。須美子は鼎の影響により、1927年(昭和2)頃より油彩画を手がけています。

パリでは斎藤豊作や岡鹿之助と親しみ、アカデミー・ランソンでロジェ・ビシエールに学びました。そして次第に穏やかな写実的スタイルを脱し、簡潔な形と鮮烈な色彩による詩的な構成に新境地を拓き、1927年にはサロン・ドートンヌに初入選しました。一方須美子は、ホノルルの風物を純心な筆致で描き、やはり同展で初入選。当時の評価は、鼎よりもむしろ高かったといいます。鼎は以後も精力的に制作を続け、須美子をモデルに、あるいは窓辺の静物に取材して多くの佳作を残しますが、1929年(昭和4)に惜しくも28歳で客死しました。ふたりの娘たちも、須美子も相次いで亡くなっています。早世したため評価の機会を逸しましたが、パリで確立した斬新・華麗な作風により、近年評価が高まっています。須美子の油彩画もまた、そのまっすぐで明朗な造形に注目が集まっています。

千葉市美術館では、2021年(令和3)に、板倉鼎のご遺族より鼎の作品33点をご寄贈いただく機会に恵まれました。本展はこれを記念して、鼎と須美子を長く顕彰してきた松戸市教育委員会の全面的なご協力のもと、ふたりの画業を総覧します。代表作を網羅するとともに書簡などの資料を展観し、夫妻の軌跡と作品世界の全貌を浮き彫りにします。

出典

作家・出演者板倉鼎, 板倉須美子
会場千葉市美術館ちばし びじゅつかん (Chiba City Museum of Art)
住所
260-0013
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
アクセス
葭川公園駅(千葉都市モノレール) 徒歩5分
京成千葉中央駅(京成電鉄千葉線, 千原線)東口 徒歩10分
千葉駅(JR)東口 徒歩15分
会期2024/04/06(土) - 06/16(日)
時間10:00-18:00
※金曜日、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休み4月15日[月]、5月7日[火]、20日[月]、6月3日[月]
観覧料一般 1,200円(960円)
大学生 700円(560円)
小・中学生、高校生 無料
障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名 無料
※( )内は前売券、および市内在住65歳以上の料金
◎本展チケットで5階常設展示室「千葉市美術館コレクション選」もご覧いただけます。
◎ナイトミュージアム割引:金・土曜日の18:00以降は観覧料半額
SNS
    ウェブサイト

    近くのイベント

    Loading...