Padograph Icon

正木絵里子「浮かれるガラス #2 Resurrection」

新宿眼科画廊 スペースE

2024/05/10(金) - 15(水)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 2823
私の扱う素材は、生まれたての赤子のように柔らかく熱い――。

作り手と素材が互いに翻弄し合いながら生まれる形は、いつも浮かれた表情をしています。
約14年ぶりとなる本個展は「蘇生」をコンセプトに展開します。隅々まで息を吹き込みながら蘇った作家自身の面影と、その営みの中で生まれた作品をご覧ください。


MASAKI Eriko / 正木 絵里子

〔プロフィール〕
1978年生
2002年 大阪外国語大学卒業
2009年 東京ガラス工芸研究所 研究科修了

〔個展〕
2010 「浮かれるガラス」(原宿・thorn tree gallery)

〔グループ展〕
2008 「ガラス教育機関合同作品展」(東京都美術館 / 東京)
2009 「ガラス教育機関合同作品展」(東京都美術館 / 東京)
2022 「A lot of Stories ガラス4人展」(水平線ギャラリー / 神奈川)
2023 「A lot of Stories ガラス4人展」(水平線ギャラリー / 神奈川)

その他、グループ展やイベントを中心に出展多数。

〔賞歴〕
2011 「第51回日本クラフト展」入選
2012 「WAO工芸ルネッサンス・プロジェクト」入選
2012 「第48回 神奈川県美術展 平面立体部門」入選
2022 「第57回 神奈川県美術展 工芸部門」入選
2023 「第57回 神奈川県美術展 工芸部門」入選

〔その他〕
2023年より「nigiridori(にぎりどり)」名義でクラフトイベントやアートフェア等に出展中

〔X(Twitter)〕
@nigiridori

〔Instagram〕
@nigiridori

出典

作家・出演者正木絵里子
会場新宿眼科画廊しんじゅく がんか がろう (Shinjuku Ophthalmologist(Ganka) Gallery) スペースE
住所
160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11
アクセス
東新宿駅(都営大江戸線, 東京メトロ副都心線) 徒歩6分
新宿三丁目駅(東京メトロ丸ノ内線, 副都心線, 都営新宿線) 徒歩7分
新宿駅(JR)東口 徒歩12分
会期2024/05/10(金) - 15(水)
時間12:00-20:00(水曜日 12:00-17:00)
SNS
    ウェブサイト