Padograph Icon

東春予 個展「実験漫画 コミックも時にはパレードのように (2)」 Haruyo Higashi "Experimental Manga Comics are sometimes like a parade (2)"

亀戸アートセンター

2024/04/05(金) - 17(水)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 2780
【関連イベント】
■ ガチャガチャ
バッジ、チェキ、シールが入ってます。
■ 期間限定プリント
会期中、作家のデザインをお持ちいただいたTシャツ、シャツ、布バッグなどの布もの(綿100%)にその場でプリントするイベントも開催します。
※イベントなどの情報は、WEB、SNSなどで随時告知させていただきます。

[ Related Events ]
■ capsule toy machine
■ limited time silkscreen print
During the exhibition, the artist's design will be printed on T-shirts, hoodies, bags, and other fabrics (100% cotton) on the spot.
・・・・・・・・・・・・・・・・・

この度、亀戸アートセンターでは東春予 個展「実験漫画 コミックも時にはパレードのように (2)」を開催いたします。
東春予は、漫画の「コマ」自体を抜き出し、ストーリーや時制から解放することで、その「コマ」が一つの絵画として成立しうると仮定し、実験的な作品を制作している作家です。
漫画の中では構成上の一つにしか過ぎず、ほとんどの場合数秒で次へと視点が移されてしまう一つの「コマ」も、そこには、考えぬかれた構図やセリフの配置、スクリーントーンの選択といった様々な労力が費やされ、作者の意図や思いが反映されています。
それ単体では日の目をみない「コマ」達を、主役として扱い、絵画作品に発展させようとする行為は、東の一貫したテーマでもある「目的の為の行為ではなく、行為を目的とする行為」と言う言葉通り、彼女の作品に具体的に表されています。
例えば原稿用紙や下絵の青い線、セリフの入った(または入ってない)吹き出し、トレーシングペーパーの重なり、修正液の跡など、漫画原稿に起こす際に必要なプロセスや構成要素、すなわち、「漫画を描く」という行為自体を、ストーリーや時制から解放された「コマ」に内包させることで、東は漫画の構造自体もそこに浮かび上がらせ、コマは絵画としての強度を獲得します。
コマの裏側に多層に広がる東春予の実験漫画の世界をぜひ会場でご高覧ください。

The solo exhibition of artist Haruyo Higashi showcases her transformation of comic book panels into captivating paintings. Higashi's experimental approach liberates these panels from narrative constraints, enabling them to stand alone as unique works of art. By highlighting elements typically unseen in manga creation, such as draft lines and correction marks, Higashi unveils the intricate process behind each piece. The exhibition provides an opportunity to explore the multilayered world of Higashi's manga beyond the confines of the panel.

【Artist】
東春予 Haruyo Higashi
1995年生まれ、水瓶座。
2018年京都造形芸術大学を卒業後、作家活動を開始する。
Instagram : https://www.instagram.com/ae_j_ossss/

展示歴
2018 年
・個展『実験漫画 前夜』( 東京 Ondo stay&exhibition)
2019 年
・個展『実験漫画 ( コミックは ミュージックのように vol.1)』( 京都 kunst arzt)
・個展『実験漫画 ( コミックは ミュージックのように vol.2)』( 東京 亀戸アートセンター )
2020 年
・公募展「漫喜利」AIG 賞 優秀賞
・個展『実験漫画 ( コミックは ミュージックのように vol.3)』( 旭川 野村設計倉庫 )
2021 年
・「Be at studio Harajuku) オープニング 展示 ( 東京 ラフォーレ原宿 )
・個展『実験漫画 ( コミックは ミュージックのように vol.3.5)』( 東京 108)
・個展『実験漫画 ( コミックは ミュージックのように vol.4)』( 京都 cocoto)
・個展『実験漫画 ( コミックは ミュージックのように vol.5)』( 大阪 gallery shop marco)
2022 年
・個展『実験漫画 ( コミックは ミュージックのように vol.6)』( 東京 亀戸アートセンター )
・公募展メタセコイアアートキョウマチボリ ( 大阪 )
・グループ展 『The situation 』( 東京 Yugen gallery )
・公募展「Hidden talent art awards」ファイナリスト選出(ロンドン)
・グループ展 「A4WALL Taipei」(台北)
2023 年
・グループ展『池袋モンパルナス回遊美術館 池袋アートギャザリング selection』加藤栄三・
東一美術館
・グループ展 『ニニフニ』( 東京 帝国ホテル medel gallery shu)
・個展『実験漫画 ( コミックも時にはパレードのように )』( 東京 TOH)
・グループ展 『WHAT CAFE special market』寺田倉庫 WHAT CAFE
・グループ展 『Junction』京都 蔦屋書店

出典

作家・出演者東春予
会場亀戸アートセンターかめいど あーと せんたー (Kameido Art Center)
住所
136-0071
東京都江東区亀戸9-17-8 KKビル 101
アクセス
東大島駅(都営新宿線)大島口 徒歩12分
亀戸水神駅(東武鉄道亀戸線) 徒歩12分
亀戸駅(総武線)東口 徒歩20分
会期2024/04/05(金) - 17(水)
時間平日 16:00-22:00
土日祝 13:00-19:00
休み会期中無休
SNS
    ウェブサイト