Padograph Icon

TOKAS-Emerging 2024 第1期

トーキョーアーツアンドスペース 本郷

2024/04/06(土) - 05/05(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 2803
「TOKAS-Emerging」は、トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)が2001年より行っている若手アーティストの活動支援プログラムです。日本国内を拠点とする35歳以下のアーティストを対象に公募を行い、個展開催の機会を提供しています。「TOKAS-Emerging 2024」では全国から142組の応募があり、審査を経て6名を選出しました。絵画や写真、版画、映像、インスタレーションなど、さまざまな表現に取り組む新進アーティストの個展を2024年4月から6月まで2会期にわたり開催します。また、各会期初日には公募審査員をゲストに招き、出展アーティストとのトークイベントを予定しています。

会期
2024年4月6日(土) - 2024年5月5日(日)


高見知沙|TAKAMI Chisa
「℃|23度のリング」
ひとつの意味に回収できない、折り合いのつかない状況がもたらす、危うさや脆さ、葛藤、不安定さなど、そこにある距離間について制作している。
本展では「両義性」、「間(ま)」、「媒介するものの存在」をテーマに、映像やパフォーマンスなど4作品によって構成する。変わりゆくものを表象する緑と紫2色のパフォーマーが、言葉よりも先に存在する感情や感触の表現を試みる。
会期中の土曜日・日曜日にパフォーマンス開催予定。

中村直人|NAKAMURA Naoto
「Fernweh Trupp フェルンヴェー・トルップ」
中村は、集合住宅を舞台とした小説を執筆し、その物語を実空間へと立ち上げた作品を制作している。
本展では、集合住宅や部屋の断片を題材に、映像、音、家具を組み合わせたインスタレーションを発表する。「死」の恐怖と直面しながらも、どこか遠方へと憧れを抱く作品の登場人物たち(Fernweh Trupp)は、他者との関わりが減少した現実世界に通じている。作品を鑑賞する行為は公的領域と私的領域が入り混じり、鑑賞者自身も物語の一部に組み込まれている幻想を引き起こす。

奥野智萌|OKUNO Chiho
「新身訓練:I want to see my back.」
「モチーフのデフォルメ」と「通訳」をキーワードに、漫画をはじめとするさまざまなメディアを用いて、自身と異なる身体を持つものが見ている世界について創作活動を行う。それは、奥野が中学生の時に脊椎側弯症と診断され、自身の身体に異形性を感じてきたことに由来している。
本展では、360度の視野を持つというウサギが知覚する世界を描いた銅版画を中心に、映像や立体作品を発表する。身体を離脱可能な「からだ」とし、自身と異なる身体を思索する。

第2期:2024年5月18日(土) - 2024年6月16日(日)
アーティスト:平松可南子, 菊谷達史, 戸田沙也加
https://padograph.com/ja/events/2032

出典

作家・出演者高見知沙, 中村直人, 奥野智萌
会場トーキョーアーツアンドスペース 本郷とーきょー あーつ あんど すぺーす ほんごう (Tokyo Arts and Space Hongo)
住所
113-0033
東京都文京区本郷2-4-16
アクセス
御茶ノ水駅(JR中央線・総武線)御茶ノ水橋口
御茶ノ水駅(東京メトロ丸ノ内線)1番出口
水道橋駅(都営地下鉄三田線)A1出口
水道橋駅(JR総武線)東口
本郷三丁目駅(都営地下鉄大江戸線)3番出口
本郷三丁目駅(東京メトロ丸ノ内線)1番出口
各駅より徒歩7分
会期2024/04/06(土) - 05/05(日)
時間11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)
休み月曜日、4/30
※4/29(月)は開館
SNS
    ウェブサイト