Padograph Icon

会田菜美 個展「Nature」

s+arts

2024/03/15(金) - 30(土)

MAP
SHARE
Facebook share button
“ 金木犀 “ acrylic on paper 36×25cm 2024
“ 金木犀 “ acrylic on paper 36×25cm 2024
s+arts(スプラスアーツ)より、会田菜美 個展「Nature」の開催をお知らせいたします。
会田菜美は、女性特有の柔らかさや優しさ、不安定で流動的な部分を美と捉え、色鮮やかなアクリルを用いてデフォルメした女性を描いています。彼女の作品に登場する女性はどれも、意味有り気に動物や植物を身に纏っていたり、体の一部として取り入れていたりすることが多く、美しい女性が描かれているはずなのにどこか歪で、見る者に不思議な違和感を覚えさせます。
それは、より一層見る者の想像力を刺激するように、会田が作品に施した、小さな仕掛けが作用することで、女性の複雑さや面白さを表現していると言えるでしょう。

「子供の頃すごしたのは、田んぼや畑、虫や動物、木や草や花が身近にある環境でした。今の生活の拠点はそういった自然はあまりありません。それでも想像するものや、制作する作品に自然を取り入れてしまうのは、私の根っこの部分をそういったものたちがつくり上げているからなのだろうかと、そんな事を考えていたのです。自然の色や形、雰囲気を美しく愛おしく感じてどうしても描いてしまう“自然”をテーマにしました。」


本展「Nature」では、会田が無意識のうちに自身の作品に取り入れている、様々な自然にまつわるモチーフに意識を向けることで、制作の軸について考えました。また、作品画面いっぱいに凛とした佇まいでポーズを取る会田の女性達が、今回は複数人で踊るように描かれている作品や、三角形のキャンバスに描かれる作品など、様々な新しい試みが見られ、更に華やかな見応えのある印象の展示となりました。

時に視覚的イメージは、見る者の解釈によって意味合いが大きく変化することがあります。同じ作品でも、人によっては悲しい作品にも優しい作品にもなり得ます。会田の作品は、鑑賞者に最終的な意味合いを委ねる形で描かれることが多く見受けられます。作品がどのように見えるのか自問自答することで、新たな視点を見出せるきっかけに繋がるかもしれないと願い、会田は制作を続けているのです。 これを機に、3年ぶりとなる会田菜美の新作展を是非お楽しみください。

出典

作家・出演者会田菜美
会場s+artsすぷらすあーつ (スプラスアーツ)
住所
106-0032
東京都港区六本木7-6-5 六本木栄ビル 3F
アクセス六本木駅(東京メトロ日比谷線)2番口 徒歩8分
六本木駅(都営大江戸線)7番口 徒歩9分
乃木坂駅(東京メトロ千代田線, 小田急小田原線)6番口 徒歩9分
会期2024/03/15(金) - 30(土)
時間12:00-19:00(最終日17:00まで)
休み月曜日、火曜日
SNS
    ウェブサイト