Padograph Icon

春の江戸絵画まつり ほとけの国の美術

府中市美術館

2024/03/09(土) - 05/06(月)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 2495
前期:3月9日(土曜日)~4月7日(日曜日)
後期:4月9日(火曜日)~5月6日(月曜日・振替休日)
※全作品ではありませんが、大幅な作品の展示替えを行います。


ほとけの世界を描く めくるめく創意と工夫
「ほとけの国の美術」という言葉から、皆さんなら、どんな美術を思い浮かべますか?天平時代の優美な仏像、平安時代の洗練された仏画、あるいは、鎌倉時代に運慶が作った端正で力強い仏像でしょうか?もちろん、どれもが素晴らしい「仏教美術」です。しかし、この展覧会でご覧いただく「ほとけの国の美術」は、それらとはちょっと違います。
例えば、江戸時代の画家、伊藤若冲が描いたユニークな白象の絵も、円山応挙や長沢蘆雪の無邪気でかわいい子犬も、仏教がなければ生まれなかった美術なのです。
江戸時代の絵画というと、現代ではそれぞれの画家の「個性」に目が向けられがちですが、当時の画家や絵を見る人たちの多くは、仏教と密接な暮らしをしていました。今回の展覧会では、画家たちの制作の根底にあった「仏教」をキーワードに、現代人の心を魅了する様々な作品を見渡します。
展示作品の中心は江戸時代の絵画ですが、昨年修理を終えたばかりの室町時代の仏画の大作、京都市・二尊院の《二十五菩薩来迎図》全17幅のほか、近世以前の仏教美術の優品も展示します。来迎図から若冲、そして応挙や蘆雪の子犬まで、「ほとけの国」で生まれた、美しく、アイディアに溢れた作品をお楽しみください。

展示内容
個性の時代に輝く「古典」の美
平安・鎌倉時代に花開いた仏画。その完成された造形美は、のちの時代にも輝きを失うことのない「古典」として生き続けました。様々なスタイルの絵画が登場した江戸時代だからこそ、仏画の美しさに真摯に向き合う画家たちも大勢いました。古いにしえに学ぶことから生まれた、江戸時代の優れた仏画を紹介します。

この世に現れた浄土と地獄
死んだらどこへ行くのか?昔の人々にとっても、この問題は切実でした。誰もが行きたい「極楽浄土」、そして絶対に行きたくない「地獄」。二つの世界の様子は、経典に書かれています。しかし、文字だけではなく「目で確かめたい」という人々の気持ちが、ファンタスティックな浄土や思わず目を背けたくなるような地獄の絵画を生み出しました。

「上手い」「下手」ってなに?
江戸時代は禅宗が最も普及した時代で、その教えを伝えるための「禅画」も数多く描かれました。変な絵、かわいい絵、不気味な絵・・・・・・。「常識を超えよ」と説く禅のスピリットを、おかしく、そして鋭く伝える作品の数々を見てみましょう。

人気キャラも「ほとけの国」から
観音さまに羅漢さん、 寒山拾得かんざんじっとく、 布袋さま 。江戸時代には、真面目な信仰の対象であるはずの仏や人物が、いわばおかしなキャラクターにもなりました。「いかに変わっているか」を競う寒山拾得の絵や、絵の中で色々なことをさせられて「遊ばれる」布袋など、 多彩で楽しい作品が、 それぞれの仏や人物に備わる徳やその逸話から生まれています。

涅槃図と動物絵画の時代
現代人の心をつかむ応挙や蘆雪の子犬の絵。一見、仏教とは無関係に見えるこの創作も、実は仏教なしには生まれなかったでしょう。「動物にも人と同じ心がある」という、古くから日本の人々を包み込んできた仏の教えが、動物の命を思いやり、絵の中の動物を愛おしむ、そんな文化を生み出したに違いありません。

新発見 蘆雪の子犬いっぱい屏風
子犬の絵の名手として円山応挙と並ぶ人気を得た、長沢蘆雪。蘆雪の子犬の絵は、ほとんどが掛軸ですが、大きな屏風に描かれた作品が発見されました。師の応挙が描く子犬が賢そうな雰囲気を漂わせているのに対して、蘆雪の子犬は、ゆるくて、ひたすらやんちゃです。そんな蘆雪犬の魅力が詰まった作品が、本展で初公開されます。

関連事業
展覧会講座「ほとけの国の美術 来迎図から子犬の絵まで」
講師:金子信久(当館学芸員)
日時:2024年4月27日(土曜日)午後2時~(90分程度)
場所:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。生涯学習センター講堂(府中市美術館より徒歩5分)(外部サイト)
予約不要/無料

子ども向けイベント「ほとけの国の探検隊!」会期中随時
展覧会を見ながら「探検隊ワークシート」のクイズに挑戦。
観覧料が必要ですが、府中市内の小中学生は、「府中っ子学びのパスポート」で入場できます。
年齢制限はありませんので、大人の方の参加もお待ちしております。

出典

作家・出演者土佐行広, 仙厓義梵, 曽我蕭白, 長沢蘆雪, 鈴木其一, 冷泉為恭, 甫雪等禅, 白隠慧鶴, 伊藤若冲, 春叢紹珠, 柴田義董
会場府中市美術館ふちゅうし びじゅつかん (Fuchu Art Museum)
住所
183-0001
東京都府中市浅間町1-3 都立府中の森公園内
アクセス
東府中駅(京王線)北口 徒歩17分
会期2024/03/09(土) - 05/06(月)
時間10:00-17:00
※展示室への入場は16:30まで
休み月曜日
※ただし、4月29日、5月6日は開館
観覧料一般 700円
高校・大学生 350円
小・中学生 150円
未就学児 無料
障害者手帳等(ミライロID可)をお持ちの方と付き添いの方1名 無料
※府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」提示で無料
※「ほとけの国の美術」展観覧料金で常設展もご覧いただけます
SNS
    ウェブサイト