Padograph Icon

工藤雅、張若涵「蒸発書簡」

新宿眼科画廊

2023/11/24(金) - 29(水)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 1876
実験的な手法で個人映画を制作する映像作家の2人展。
東京在住の工藤雅と台北在住の張若涵は、2021年、コロナ禍で互いに往来が難しい中で、相手から送られて来た映像の音や画を引用して返信するというルールで往復映像書簡を始めた。
今回の2人展では、その成果として映像書簡をまとめたループ上映と、海を挟んで共有し多重露光した8ミリフィルムを映写機で投影するほか、写真やアニメーション原画なども展示。


Kudo Masa / 工藤 雅

〔プロフィール〕
1993年北海道千歳市生まれ。
イメージフォーラム付属映像研究所第43期修了。
主に一コマずつ作画または撮影するアニメーションの技法を用いて映像を制作する。

〔フィルモグラフィー〕
「差異と反復とコーヒー」Difference and Repetition and Coffee / 鉛筆によるドローイングアニメーション / 5min / 2020
「東京サイアノ・ゴースツ」Tokyo cyanoghosts / サイアノタイプ(青写真)によるアニメーション 3mim / 2021
「Still Life」アクリル絵具によるアニメーション / 3mim / 2021


〔上映歴〕
・イメージフォーラムフェスティバル 東アジアエクスペリメンタル・コンペティション
・新千歳空港国際アニメーション映画祭
・GLAS Animation Festival international competition
・ザグレブ国際アニメーション映画祭
・モスクワ国際実験映像祭
・バリ ミニキノ映画祭 他

〔受賞歴〕
・新千歳空港国際アニメーション映画祭 北海道知事賞
・ASK?映像コンペティション 久里洋二賞
・写真新世紀2022 佳作(オノデラユキ選)


Johan Chang / 張 若涵

〔プロフィール〕
1990年台湾台南市生まれ。
イメージフォーラム付属映像研究所第43期、44期修了。
日記フィルムや記録映像をもとに、記憶と個人・社会との関係を探りながら個人制作を行っている。

〔フィルモグラフィー〕
「30歲之旅」 At the Age of... / 8mmフィルム / 47min / 2020
「1/5400コマの独歩」Flight and Frame / 16mmフィルム / 10min / 2021


〔上映歴〕
・京都VIDEO PARTY(Lumen Gallery)
・東京デイザーイントーキョー(Feb Gallery)
・実験部門コンペティション / 台湾南方映画祭
・国際コンペティション / EXiS ソウル実験映画祭
・台湾コンペティション / 台湾国際女性映画祭
・台湾コンペティション / 高雄映画祭

〔受賞歴〕
新人賞 台湾南方映画祭 2022

出典

作家・出演者工藤雅, 張若涵
会場新宿眼科画廊しんじゅく がんか がろう (Shinjuku Ophthalmologist(Ganka) Gallery)
住所
160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11
アクセス
東新宿駅(都営大江戸線, 東京メトロ副都心線) 徒歩6分
新宿三丁目駅(東京メトロ丸ノ内線, 副都心線, 都営新宿線) 徒歩7分
新宿駅(JR)東口 徒歩12分
会期2023/11/24(金) - 29(水)
時間12:00-20:00(水曜 12:00-17:00)
SNS
    ウェブサイト