Padograph Icon

力石咲 滞在制作・展示 「ファイバー! サバイバー! ここにある術」

東京都渋谷公園通りギャラリー

2023/11/11(土) - 12/24(日)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 1865
【滞在制作】2023年11月11日(土)- 12月14日(木)
【展示】2023年12月16日(土)- 12月24日(日)

※滞在制作期間中も、会場をご覧いただけます。ただし、作家がいない日や時間があります。

力石 咲はこれまで、ものや人、まちとの「つながり」に関心を注ぎ、編むことをコミュニケーションのメディアとした作品を多く手がけてきました。しかし、近年の不確実な世界情勢を目の当たりにして、自己を多くの他者へと開くことから、ふたたび自分自身と関わることへと立ち戻り、異なるつながり方を見出そうとします。

「この世界に糸と自分だけになったら、どうやって生き延びるか」。これは、力石が新たに掲げるテーマです。力石にとって、繊維はもはや単なる作品の材料ではなく、なじみ深く、自らの生存をも確実に支えるものといえます。糸はどんなときも力石の手にあり、たしかにここにある術(すべ)なのです。

本プログラムでは、このテーマのもと、力石が時には来場者と交わりながら、「残糸」を用いて作品を制作し、その展示を行います。
「この世界に糸と自分だけになる」ことを、まず一緒に想像することから始め、繊維がつむぐ自分や他者、世界とのつながりを見つけてみませんか。

作家|力石 咲 CHIKARAISHI Saki
1982年埼玉県生まれ。2004年多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒業。編み解く行為によって変容し循環し続ける繊維素材に関心を寄せ、人やもの、世界の始まりやその変移などと結びつけながら制作を行う。近年の主な展示に、「アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.13 力石咲」(岐阜県美術館、岐阜、2023年)、「開館25周年記念 全館コレクション展『これらの時間についての夢』」(宇都宮美術館、栃木、2022年)などがある。また、「吉祥寺ダンスLAB. vol.4『エコトーン ECHO-TONE』」(吉祥寺シアター、東京、2022年)などの舞台も手がける。

出典

作家・出演者力石咲
会場東京都渋谷公園通りギャラリーとうきょうと しぶや こうえん どおり ぎゃらりー (Tokyo Shibuya Koen-dori Gallery)
住所
150-0041
東京都渋谷区神南1-19-8 渋谷区立勤労福祉会館 1F
アクセス
渋谷駅(東急東横線, 田園都市線, 東京メトロ半蔵門線, 副都心線)B1出口 徒歩5分
渋谷駅(JR山手線, 埼京線, 湘南新宿ライン, 京王井の頭線, 東京メトロ銀座線)ハチ公改札口 徒歩8分
会期2023/11/11(土) - 12/24(日)
時間11:00-19:00
休み月曜日、12月15日(金)
SNS
    ウェブサイト