Padograph Icon

抜水摩耶「CURE」

新宿眼科画廊

2023/09/22(金) - 10/04(水)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 1573
2020年は私にとって特別な年だった。
初めての出産を経験、また同年に大切な友人を亡くし、
また全世界ではコロナの流行により「生と死」を強く突きつけられた。
今の時代、生きていることの尊さを意識せざるを得ない。
不思議の国に迷い込んだアリスのように、
私たちは今もなお、様々な混乱の渦中で生きている。
きっと、生きるということはそういったことの繰り返しなのだろう。
画面を縦横無尽に埋め尽くす様々なアイコンは今の時代を生きる証。
救いを求め祈るよりも、好きなものを携えて闇の中に瞬く小さな光を探したい。


NUKUMIZU Maya / 抜水 摩耶

〔プロフィール〕
1982 京都府生まれ
東京都在住
旧京都造形芸術大学 情報デザイン学科卒業
同大学院芸術研究科修了
2005年より活動開始。
幼少期より影響を受けた漫画文化によって形成された美学に基づき、
この世に無限に存在する「主人公」である人々の喜びや悲しみをエモーショナルに描く。
2023年より油彩での制作を開始。
国内外の作品展示の他に、私立恵比寿中学4thアルバム「エビクラシー」ジャケットアートワーク提供や、
国際アニメーションフェスティバル、アートフェアの出品など国内外で多方面に活動中。

〔個展〕

2016 「GLOW IN THE DARK」(mograg gallery / 東京)
2016 「unconfirmed」(TETOKA / 東京)

2018 「I can see Everything」(Ten Haaf Projects / アムステルダム)

2021 「乱反射」(NADiff a/p/a/r/t / 東京)

2022 「I’m Watching You」(art space traffic / 東京)
2022 「主人公」(WISH LESS gallery / 東京)

〔グループ展〕

2014 「シブカル祭。2014~トゥギャザーしようぜ!」(渋谷PARCO MUSEUM / 東京)
2014 「HETA-UMA」(MIAM(Musée International des Arts Modestes) / フランス)
2014 「Mangaro」(friche la belle de mai / フランス)

2016 「シブカル祭。2016 秋」(渋谷センター街 / 東京)

2017 「Back to the Origins」(Kun Shan Art Gallery / 台湾)
2017 「I♡LOVESAKE日本酒マニアック博in東京」(池袋PARCO MUSEUM / 東京)

2019 「WAVE2019」(3331 Arts Chiyoda / 東京)
2019 「SONICART in SUMMER SONIC 2019」(幕張メッセ / 千葉)

2020 「海洋環保 / 2020台灣海報設計協會國際海報邀請展」(台湾)

2021 「Me, Between Somewhere and Nowhere: Women Animation Artists from Japan」(REDCAT ROY AND EDNA DISNEY / CALARTS THEATER / ロサンゼルス)
2021 「WAVE TOKYO 2021」(3331 Arts Chiyoda / 東京)

2022 「WISH LESS 10周年記念展」(WISH LESS gallery / 東京)
2022 「WAVE2022」(3331 Arts Chiyoda / 東京)
2022 「TIME GURU」(artgallery opaltimes / 大阪)

2023 「円満具足」(Gallery 10[TOH] / 東京)

〔アートフェア〕

2014 「SCOPE NEW YORK 2014」(SCOPE Pavilion / ニューヨーク)

2018 「KunstRAI Art Amsterdam」(KunstRAI / アムステルダム)

2022 「ART TAIPEI 2022」(AKI GALLERY / Taipei World Trade Center / 台湾)

2023 「ONE ART TAIPEI」(AKI GALLERY #ROOM1505 / JR東日本大飯店 / 台湾)

〔その他〕
作品集『Marguerite』(ERECT Lab.)
私立恵比寿中学4thアルバム『エビクラシー』ジャケットアートワーク(SME Records)、
ファッションブランド MEMUSE 2018s/sコラボレーション、宙目 ケン著『カミナリラヴァー』カバー装丁(幻冬社)、
『イメージフォーラム・フェスティバル2015』メインビジュアル、ERECT Magazine、真夜中(リトルモア)、
よむ花椿(資生堂)、美術手帖(BTCompany)、TOKION(INFAS)、デザインのひきだし6(グラフィック社)、
illustlation(玄光社)、L-magazine(京阪神エルマガジン社)、月刊ギャラリー(ギャラリーステーション) 等


〔WEB-site〕
http://www.mayanukumizu.com

〔Twitter〕
@mayanukumizu

〔Instagram〕
@maya_nukumizu

出典

作家・出演者抜水摩耶
会場新宿眼科画廊しんじゅく がんか がろう (Shinjuku Ophthalmologist(Ganka) Gallery)
住所
160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11
アクセス
東新宿駅(都営大江戸線, 東京メトロ副都心線) 徒歩6分
新宿三丁目駅(東京メトロ丸ノ内線, 副都心線, 都営新宿線) 徒歩7分
新宿駅(JR)東口 徒歩12分
会期2023/09/22(金) - 10/04(水)
時間12:00-20:00(水曜 12:00-17:00)
休み木曜
SNS
    ウェブサイト