Padograph Icon

AIHARA REN「救世」

新宿眼科画廊

2023/09/08(金) - 13(水)

MAP
SHARE
Facebook share button
Image 1576
あなたの世界は、何に救われていますか?


AIHARA REN

〔プロフィール〕
〔写真を中心とした憂鬱の可視化と客観化〕
私が様々なオブジェで自分の憂鬱を思い切り表現すると、カメラはそれを客観的にうつします。
そうしてプリントされた憂鬱を、私たちは第三者の目線から見ることができるのです。
私はこのような行為を通じて自分の心に耳を傾けます。
その上、自分の憂鬱を見せることで、少数の誰かには慰めになると、私は信じています。

〔展示〕
2022 「2021.04.04」(新宿眼科画廊 / 東京)
2022 「おやすみさせていただきます」(高円寺ギャラリー33 / 東京)

〔イベント〕
2022 コミティアエロ漫画研究会合同誌「りびどぅ」

〔Twitter〕
ai_koi_differ

〔Instagram〕
@ai_koi_differ

出典

作家・出演者AIHARA REN
会場新宿眼科画廊しんじゅく がんか がろう (Shinjuku Ophthalmologist(Ganka) Gallery)
住所
160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11
アクセス
東新宿駅(都営大江戸線, 東京メトロ副都心線) 徒歩6分
新宿三丁目駅(東京メトロ丸ノ内線, 副都心線, 都営新宿線) 徒歩7分
新宿駅(JR)東口 徒歩12分
会期2023/09/08(金) - 13(水)
時間12:00-20:00(水曜 12:00-17:00)
SNS
    ウェブサイト